HOME > コラム > ターンオーバー
ターンオーバー

人の肌の色は人種によって大きく異なりますが、同じ人種でも個人差があります。
そんな、お肌の色を決定する要素の1つにメラニン色素があります。

メラニン色素というと、シミを作り出す悪者としてとらえられがちですが、いかかでしょうか?
でも実際は、私たちの体を紫外線から守る大切な働きをしています。
もしメラニン色素がなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすことになります。
また、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚癌などになってしまうのです。

嫌なシミを増やしてしまうのも確かですが、メラニン色素は私たちの体を守る大切な防衛物質なのです。
メラニン色素を含む表皮細胞ができることにより、お肌にバリアゾーンをつくり守ってくれているのです。
このメラニン色素と上手に付き合うことが、美肌の秘訣!

表皮の基底層に存在する、メラニン色素を作り出すメラノサイト(メラニン形成細胞)。

このメラノサイトが紫外線の刺激を察知するとメラニン色素をつくります。
紫外線がお肌にあたると、 情報伝達物質【活性酸素、MSH(メラノサイト刺激ホルモン)、エンドセリンなど】が発生します。

ターンオーバー

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで表皮の生まれ変わりのことを指しています。表皮細胞が基底層のところで新しく生まれて、約28日間かけて角化し、やがて角質細胞になり最後にふけや垢としてはがれていく、この代謝サイクルのことをいいます。またターンオーバーは、歳を重ねるごとに遅くなり、表皮の層も薄くなっていきます。このために傷の治りが遅くなったり、肌のきめが粗くなったり、しみができやすくなるわけです。肌がくすむ、肌が硬い、乾燥肌が治らない、小ジワができたといった状態が見られるのはターンオーバーの速度が落ちている証拠といえます。ターンオーバーのリズムには食事や睡眠なども大きく影響します。十分な栄養と休息をとらないと細胞はうまく成長しません。肌を美しく保つには正しい生活習慣が重要となります。