HOME > コラム > お肌の構造・・・皮膚について
お肌の構造・・・皮膚について

お肌の構造・・・皮膚について

皮膚は表皮、真皮、皮下組織で構成されています。


表皮とは・・・
皮膚の一番表面部分を指します。よく「角質」とういう言葉を耳にしますが角質も表皮の一部です。
角質層とは表皮の一番上にある、死んだ細胞の層のことを指します。
角質層とは違いは角質層以下の表皮(顆粒層・有棘層)は生きた細胞でできていて約65%の水分を含みます。
ここは外部からの刺激に反応して、情報を神経などに伝えたり、アレルギー反応を起こしたりする事で、身体を守る働きをしています。


真皮とは・・・
表皮の下の部分で表皮に守られながら、皮膚の機能を内側から支えている部分を指します。
コラーゲンは真皮の中に網目状のネットワークを形成して、真皮の弾力を維持する役割を果たしています。
コラーゲンのところどころに「エラスチン」と呼ばれる別の繊維が存在しコラーゲンの構想を支える役割をしています。

■エラスチンコラーゲンと同様に、細胞外で働く繊維状のたんぱく質のこと。
ゴムのように伸び縮みする性質を持つ。
組織の柔軟性を与える物質だが、加齢ともに減少するとシワやたるみの原因の元となる。